【エッセイ】迷い道中膝栗毛~修平くん編⑭~

【エッセイ】迷い道中膝栗毛~修平くん編⑭~

★修平くん編をはじめから見る方はコチラ★

好きな人は修平くん・・・

中学二年の私は、修平くんとクラスが離れてしまったこともあり「修平くんを好きな自分がいつもの平常の自分だ」と半ば思い込もうとしていた節があった。

修平くんの前では自分に自信がなく、修平くんの目に映ることすら恥ずかしくて仕方なかった。

その一方で、気取ることもなく何でも話せて楽しいてっちゃん・・・。

「好き」ってなんだろうなぁ・・・。きっと何種類もある感情を「恋」や「好き」に無理やりカテゴリ分けしているだけのような気もするんですよね。

Advertisement